為替レートについて

 

みなさんは、為替レートとは、いったいどのようなものか知っていますか?

 

毎日のニュースでも流れていて、新聞でも見ることが多いので「為替レートは知っている」でも、具体的に、為替レートを説明出来る方は少ないと思うのです。
為替レートと呼ばれているものは、外国為替レートのことで、外国の通貨に対する交換比率のことです。
また、外国の通貨を総称して外貨と呼んでいます。
ちなみに、外貨を購入したいと思ったら、証券会社や銀行、または、外国為替証拠金取引業者を使わなければ、購入出来ないのです。

 

さて、例えば、アメリカドルと、日本円の場合で説明していくと、為替レートはどのようになるのでしょう。
仮に、1ドル=115円としましょう。
この場合には、1ドルあれば、日本円の115円と交換することが可能です。
ドルの需要が、日本円より上がれば、ドルの価値が上がり、ドルが上昇することになるのです。
そうなれば、円に対しても、ドルの価値が上がるので、115円では1ドルは買えないようになるのです。
これで、円が下落したことになるのです。
この、交換比率とは、その国の経済情勢が通貨に変化をもたらしているのです。
国の状態により、通貨の需要が増えたり、減ったり、需要供給で変化して、為替が変動していくのです。>>外貨両替レート比較なら

 

また、外国為替レートでは「2wayプライス」と言うものから決まりますが、それが、買値と売値になります。
顧客が、外貨の注文を出す時に、FX業者が使う言葉で、ビッドやアスクと言うものがあるのです。